国内MBAに関するガイダンス

場合によっては『推薦状』が必要になる事もあります。これら証明書はすぐに手配出来ないケースもありますから、早めに準備をしておくようにしましょう。

 

参考書やインターネットなどを使って研究計画書を作っても、そのリライトとも言える丸写しでは面接のときに全く答える事が出来ない状況になるのでご注意ください。大部分の人は社会人として現在仕事している事から、出願時になって慌ててしまわないみたいに余裕を持って書類の用意をしておくみたいにしましょう。

 

これは自分がこれから研究をしていきたい分野を論理的に記述する書類ですが、面接試験のときにこの研究計画書を元にして質疑応答が行われますので内容には責任を持って理解しておく必要があります。余談になりますが必要書類はウェブサイトに記載をされていますので、すみずみまできちんと確認をしてください。

 

また『履歴書・職務経歴書』に関しては、ただたったこれまでの経歴を書くだけではいけません。一つでも不備があると、どんなに優秀な人でも入学できない可能性は十分にありますからご注意下さい。

 

重要なのは研究計画書との関連性を持たせることであり、研究内容が経歴と大幅に異なってる内容ではいけません。これら書類の中でどれよりも重要なものが『研究計画書』です。

 

ビジネススクールに入学をする時には各スクールによって必要書類が異なっています。最後に『各種証明書』に関してですが、殆ど在職証明書や大学卒業証明書になります。

 

ビジネススクールによっては、英語資格を証明する書類の提出を求められることもありますので覚えておきましょう。主なものとして『研究計画書』『履歴書・職務経歴書』『各種証明書』などが挙げられます。

 

とにかく大切なのは、早め早めの行動であり、願書の受付まではきはきと無理の無しスケジュールを組んで進めていくようにしてください。一般的にこれら書類は出願時に提出をする事になって、その時期は12月以降が莫大です。